住宅ローンの審査に通るようにしておく

職業や勤務年数に関する審査

家を買おうと決意した際、現金で家を一括購入できる方は少ないですよね。住宅ローンを活用する方は多いと思います。住宅ローンの審査が通らないことには、せっかく家を買おうと計画しても水の泡となってしまいます。では、住宅ローンの審査に通るためにはどうしたらよいのか、ポイントをお伝えします。まずは、借り入れる方の職業や、勤続年数が重要です。安定した職業や雇用形態であるか、現在の仕事を継続して続けているかなどが見られます。転職したばかりの場合は審査に通らなかったり、利率が高くなるなど条件が悪くなったりします。転職したばかりでも、転職前の経歴と現在の経歴が同種の職業だった場合は、合わせた勤続年数として考慮してもらえることもあります。

債務や借入期間、健康状態の審査

次に、借り入れる方の貯金や年収と債務のバランスも重要です。車のローンや、カードローン、クレジットカードのキャッシングなどの借入が、年収や貯金に対してどのぐらいの割合を占めているかがポイントです。また、返済の延滞がないかという信用情報も見られます。ちなみに、生命保険の契約者貸付は債務とみなされません。その他、返済期間が年齢に対して返済可能な額か、住宅ローンの種類によっては、借り入れる方の健康状態が悪くないかも見られます。病気等で、返済不能になることを防ぐためです。特に、団信と言われる団体信用生命保険に加入が必須の場合は、直近で精神疾患や糖尿病などの既往歴があると加入できない場合があるので注意が必要です。